News Release  ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆『色彩の記憶』 を製作した(株)ミルボンの創業50周年記念映像を
   御法川修監督が演出しました。
   記念式典で一度限り上映される作品として完成したのですが、
   映像文化製作者連盟が主催する映像祭 「映文連アワード2010」
   の大賞に当たる経済産業大臣賞を受賞しました。
   (2010年9月30日掲載)

   

  ◆『色彩の記憶』 がパリで開催された 第4回 KINOTAYO映画祭
   招かれ、芸術協会賞 (Prix du comité artistique) を受賞。
   映画祭のクロージング作品としてグランパレで上映されました。
   (2009年11月27日掲載)

   

  Information   ◎過去ログは、この記事の下に表示されます。

  ◆御法川修監督の最新作が始動! 映画 『人生、いろどり』
    
   出演◎吉行和子/富司純子/中尾ミエ/藤 竜也
        平岡祐太/村川絵梨/戸次重幸
   脚本◎西口典子  監督◎御法川 修
   配給◎ショウゲート
   ※2012年秋 「シネスイッチ銀座」他 全国公開
   Copyright © 2012 「人生、いろどり」 製作委員会
   (2011年10月28日掲載)


 
 ◆『SOUL RED 松田優作』 (監督御法川修)
  生誕60年没後20年のメモリアルとして、
  最初で最後の公式ドキュメンタリー映画が誕生
  今なお人々の心に生き続ける男の軌跡。

  ★DVD発売中 ★ORICON TOP
  第22回 東京国際映画祭 特別招待作品
  Copyright © 2009 SOUL RED Film Partners 



  ◆御法川修監督が手がけたテレビCM が好評オンエア中
    映画界の豪華スタッフが顔をそろえ、贅沢な仕上がりになっています。
    是非ご覧になってください。  (2009年3月1日掲載)

 

  スープで食べる、野菜のおいしく新しいカタチ 「ベジさめ」 新発売
  TV-CM 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Rights Reserved.


  第49回 「消費者のためになった広告コンクール」 金賞受賞
  
  For Earth,For Life 〜 株式会社クボタ
  TV-CM 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
  ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。
  Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


2009年03月08日

魔法使いのサービス

御法川です。
昨年から温めてきた次回作の主演女優に企画をプロポーズする場を与えられ、その緊張と重圧から解かれた今なお興奮冷めやらず ・・・・。
俳優としてはもちろん、ひとりの表現者として尊敬に値する女性との面談。
ぼくは前のめりに気負っていたものだから、支離滅裂な話になってしまったけれど、対する彼女は細い体に一本固い芯が通っている、清楚ながらプロフェッショナルの顔でした。自分が関わる仕事を最高のものにしたいという熱意に触れ、ぼくのテンションもググッと上がっています。

映画製作に限らず、あらゆる仕事は 「サービス業」 だとぼくは考えます。
英語の Service は 「礼拝」 の意味を含みます。
モーニングサービスと書かれた看板を見て、日本では喫茶店で早朝礼拝をするの?と訊いたガイジンさんがいるそうです。
その意味でも、「ぼくの仕事はサービス業」 という言い方は気に入っています。
祈りにも訓練が要る。そして訓練には我慢が要る。がんばりが要る。
いいサービスは、人と人をくっつけ、互いに影響を与え合い、成長させる。
そんな仕事をぼくもやっていきたい。

自立した芸術家が登場するロマン派の前の長い長い人間の歴史の中では、画家も詩人も音楽家もサービス業だったのです。ダヴィンチだってそう。
あの 『ダヴィンチコード』 が描いたように、人や教会をあざむく表現をダヴィンチはしていません。他人をあざむくことなど思いもよらなかっただろうし、許されるはずもなかったからです。
ヴィンチは、ただ自分に与えられた仕事を最高のものにしたかっただけ。
あまりに見事なホームランはマジックのように見えますが、ダヴィンチが生前に魔法使い呼ばわりされたのは、彼の仕事があまりに見事なサービスだったからでしょう。

さて、前回お知らせしたテレビCMに続いて、新たなCMを手がけることができました。
野菜をねりこんだ新開発の春雨を使用したエースコックの新商品 「ベジさめ」。
関東甲信越地区での先行発売に合わせて、テレビCMが放映中です。
野菜を濃縮して春雨に練りこもうとした発想、その開発に費やした三年の歳月、商品の魅力を多くの人へ伝える術を練った広告。それら全てを最高の形にもっていきたいと望んだ取り組みを、スタッフの一人として紹介させていただきます。

 TV-CM ベジさめ 「モノクローム」 篇 Starring 加藤ローサ
 ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。

 

 Copyright © 2009 Acecook Co.,Ltd. All Right Reserved.

 Staff Credit
 製作◎エースコック  広告代理店◎読売広告社  制作会社◎アットアームズ
 クリエイティブ ディレクター◎正木達志 / 稲垣優輝  キャスティング◎小泉潤子
 アカウント エグゼクティブ◎川森隆弘 / 門山康次 / 田中徹也
 プロデューサー◎勝野陽介  プロダクション マネージャー◎岡元美佑紀
 撮影◎小林 元  照明◎堀 直之  美術◎岡村匡一 (東映)  
 音楽◎mama! milk with イガキアキコ & トウヤマタケオ & ワタンベ
 音楽録音◎林 皇志  スタイリスト◎浜木沙友里  ヘアメイク◎赤間直幸
 フード コーディネーター◎市場ゆり子  タイトル グラフィック◎奥村香奈
 編集◎吉村寛興 (T601)  整音◎山口初行 (Step)  監督◎御法川修

加藤ローサさんのエレガントな佇まいは、ハリウッド黄金時代の名画に対するオマージュ。衣装もヘアメイクも、モノクロ画面の中でこそ輝く発色や艶について何度も試行錯誤を繰り返してくれました。
『クライマーズハイ』 で日本アカデミー賞技術部門の優秀賞を受賞した撮影の小林元さん&照明の堀直之さんコンビが、香るような画面の質感を徹底して追求。
スタジオに組まれたセットは、CGの力を借りずに背景絵の書き割りで夢幻的な世界を創出。東映撮影所の美術スタッフが培った歴史と経験が注がれています。
音楽は、ご一緒してみたいと長いあいだ熱望してきた mama! milk が担当。メロディのアクセントを画面の動きにぴったり合わせるオールドスタイルの劇伴に挑戦。
レコーディングエンジニアには、フィッシュマンズやUAなどを手がける林皇志さんを迎えた豪華版。ノスタルジックな音色を、ぜひ耳を澄まして聴いてほしいです。
そして、大事なベジさめの商品カット。ダンスを踊るように回転しているのにお気づきでしょうか。映像になってみればなんてこともないように見えますが、肝心の商品が画面の中で正対せずに動いている というのは、ちょっとした事件なのです。
不況、不況と騒がれるこの時代に、あえて面白いことに挑戦しようとしたエースコックの姿勢は、決して 「守り」 に入っていない。素晴らしいことです。
フードコーディネーター、市場ゆり子さんの頑張りはもちろん、クリエイティブディレクターの正木さんと勝野プロデューサーの挑戦する気概に尊敬と感謝を
自分たちに与えられた現場において、ささやかであっても小さな冒険を積み重ねることが、今より面白く、今より豊かな創造の場を望む一番の手だてなんだと思います。
現状への不満などコソコソ言い合っている場合じゃないのです。
・・・・ そんなわけで、15秒ながらまるで映画を一本仕上げたような感慨があります。
自分の携わった仕事に手ごたえを感じられらたことが何よりの幸福だと思うけれど、幅広く多くの方々に見てもらえることで、スタッフ達にもうひとつの至福が訪れるのだと思います。


◆付記
三池崇史監督の現場を担う名参謀として知られてきた助監督、西海謙一郎さん
が堂々の監督デビューを果たしました!!
すでにオンエアは終わってしまいましたが、テレビ東京 『ケータイ捜査官7』 の
第39話 「逃げられない恋」。
5月にはDVDがリリースされるので、是非ご覧になってほしいです。
西海さんは、ぼくの 『世界はときどき美しい』 を支えてくれた戦友のひとり。
「映画」 に身を捧げてきた着実なキャリアが、次はスクリーンに像を結ぶはず。
期待してます、西海さん
posted by 色彩の記憶 at 00:20 | 御法川修

2009年02月20日

職人仕事に詩人の魂

監督の御法川修です。
『色彩の記憶』 の東京公開は盛況のうちに幕を閉じました。

 

イラストレーター浅見ハナさんが描き下ろしてくださったメインビジュアルと、写真家
山口達己さんによるフォトコラージュが東京都写真美術館という理想の劇場空間を彩り、一週間という短い上映期間でしたが、のべ800人の方々にご覧いただくことができました。

もとは美容メーカーの企業メッセージを広報するPR映像として製作された作品が、
こうして一般公開されるに至った事実を、制作に携わったぼくが大げさに語ることは
慎まなければいけませんが、とても貴重な機会であったことは間違いありません。
とはいえ、それは作り手側にとっての意義。
劇場まで足を運んでくださった方々に、どのように受けとめてもらえたのか、今も責任
と重圧を感じています。

映像制作は、個人が容易にコントロールできない莫大な資金や人員を必要とします。
個人が 「社会」 とあいまみえることで、ひとりでは生み出せないものを創造できる。
それは殊更 「映画」 に限った話ではなく、ぼくらの日常全てに当てはまることでは
ないでしょうか。
大きなものと、小さなもの。その距離を行き来しつつ、照らし合いながら、少しづつ
個人と社会の相互を高め合っていきたいものです。

人類平等なんてありえないけれど、ひとりの個人が生きるエネルギーは他の何とも替え難い果実です。
ひとり一人が、いわば人生の職人なのです。
職人仕事の中に、いかに詩人の魂を込めうるか ・・・
人の心が百円ショップのように陳列されることなく、明るく丁寧に生きたいものです。

そんな想いのまま、ぼくにとって初めてとなるテレビCMを手がけることができました。
鉄腕DASH!!」 (日曜19:00〜 日本テレビ) にて放映中。

 
 株式会社クボタ 企業TV-CM
 「過去と未来 (eプロジェクト地球小屋)」 篇
 ★コチラを Click ムービーでご覧いただけます。

 Introduction
 日本農業の活性化を応援する 「クボタeプロジェクト」 と、子どもたちのキャンプ型
 体験学習 「クボタ地球小屋 (Terra-Koya)」。クボタが取り組む、この二つの社会
 貢献活動を、Kiroro の 「幸せの種〜Winter version」 にのせてご紹介します。
 写真家土門拳氏の写真からは、忘れかけていた自然と人のかかわりを再認識
 できることでしょう。「あの頃」 と 「今」 の写真で構成したこのCMは、子どもたち
 の笑顔溢れる未来を目指すメッセージでもあるのです。

  
 Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.

 Staff Credit
 写真◎土門拳
 音楽◎kiroro 「幸せの種〜Winter version」 (Victor)
 ナレーション◎尾美としのり
 製作◎クボタ  広告代理店◎読売広告社  制作プロダクション◎春企画
 クリエイティブディレクター◎岡本秀仁  プランナー&コピー◎正木達志
 アカウントエグゼクティブ◎川森隆弘 / 門山康次
 プロデューサー◎土田泰淳  プロダクションマネージャー◎上西祐貴
 撮影◎後藤大次郎  タイトルデザイン◎奥村香奈
 Avid編集◎時森茂和  オンライン編集◎間瀬佳寛 (SonyPCL)
 整音◎高木 創  録音スタジオ◎ステップ
 監督◎御法川修

『色彩の記憶』 と 『世界はときどき美しい』 で共に働いたスタッフが脇を固めてくれたおかげで、ぼく自身は何も気負うことなく、まっすぐ取り組むことができました。
クライアントである 「株式会社クボタ」 企業広告グループ長山崎方義さんの、テレビCMに対する見識と真摯な姿勢。
いつも真剣に面白いことを考えているプランナー正木達志さんの佇まいは、静かな不良。本物の不良はむやみに狂気をチラつかせたりはしないもの。ひっそり突きつけてくることが、ひとつひとつ的確で面白い。このキャッチボールはスリリングでした。
読売広告社の方々の、人をワクワクさせるもてなしの心には感服。
そして、この仕事でプロデューサーデビューを飾った土田泰淳さん。自分が安心できる手の内で勝負せず、新たな挑戦を恐れない取り組みに心強さを感じました。
(結婚おめでとうございます・・・しかも、美人の奥さまと
プロダクションマネージャー上西祐貴さんの瞳キラキラは、未来への希望でしょう。
(がんばれ



 このテレビCMと連動して、2月23日の毎日新聞を皮切りに
 朝日、産経、読売など各紙全国版に15段カラーの広告が
 掲載されます。

 Copyright © 2009 Kubota Corporation. All Rights Reserved.


さらに、現在発売中の雑誌 「CM NOW」 と 「コマーシャルフォト」 (共に玄光社)
がピックアップしてくれています。

 
Copyright © 2009 GENKOSHA Co.,ltd. All rights reserved.


さて、『色彩の記憶』 の話題に戻ります。
春立つ季節に向けて順次全国公開となります。
今年で23回目の歴史を誇る、高崎映画祭に招かれての上映も決まりました。
映画は、映画館の暗闇で多くのまなざしに触れる日を待っています。
posted by 色彩の記憶 at 11:26 | 御法川修
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。